• 移転価格リスク分析

移転価格リスク分析

OECD(経済協力開発機構)のBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトの勧告に基づき、一定規模以上の企業グループについてはCbCレポート(国別報告事項)の作成及び提出が義務付けられ、提供された情報は租税条約等に基づく情報交換制度により、関連する税務当局へ提供されることになりました。そして、こうした情報交換は、入手した情報に基づき各国税務当局が企業グループの概括的な税務リスク分析を行い、税務リスクの高い取引の調査に限りある資源を効率的に集約することを目的に行われています。

このように税務当局が企業から提供された情報に基づきリスク分析を行い、税務リスクが高いと判断した取引を中心に調査を行う中で、企業が移転価格更正リスクを効率的に低減させるためには、企業自ら、税務当局よりも先にリスクの高い項目を見出し、必要な対応を行うことが重要です。

当該効率的な移転価格更正リスク対応を実現するため、移転価格リスク分析では以下作業を行い、企業グループの移転価格リスクを分析し、移転価格リスクに対応するための計画立案に役立つ情報を提供しています。
また、移転価格リスク分析に併せて、移転価格ポリシー策定や移転価格文書の作成等必要なご支援も提供しております。

  • 現状分析 
  • 所得配分の確認
  • 移転価格リスク分析

CbCレポート(国別報告事項)については、BDO Internationalによる移転価格リスク分析ツールを用いた分析も可能です。CbCレポート提出前の税務リスクの評価等にご利用ください。

 


その他 移転価格サービス